DAM倶楽部 うたう毎日 健康カラオケ:東京・中野のコミュニティスペース

会員規約 入会案内

DAM倶楽部会員規約

第1章 総則

(名称)
第1条 本クラブは、「DAM倶楽部」(以下、「本クラブ」といいます)と称します。
(目的)
第2条 本クラブは、入会された会員が本クラブ内の施設を利用して心身の健康の維持・増進を図るとともに、会員相互の親睦を図ることを目的とします。
(運営・管理)
第3条 本クラブの運営・管理(会員資格の得喪変更、会費・クラブ諸費用、会員規定の制定・改廃等の決定手続を含む)は、株式会社第一興商(以下、「弊社」といいます)が行います。

第2章 会員

(会員)
第4条 本クラブの会員は、本会員規約その他本クラブが定めることを遵守することとします。
(入会資格)
第5条 本クラブの入会資格は、下記のとおりとします
  • 本クラブに入会できる方は、本クラブの趣旨に賛同し本規約を承諾した方とします。
  • 刺青者、暴力団関係者及び会員の円滑なクラブライフに支障を来す可能性がある方、その他本クラブが不適当と認める方は、入会をお断りします。また、入会後、これらの事象が判明した場合、その時点で退会していただきます。
  • 本クラブに入会する方は、本クラブ所定の入会申込書及び規約同意書を提出しなければなりません。また、必要により医師の健康診断書を求めることがあります。
(会員の種類)
第6条 本クラブの会員の種別・料金は別途これを定めます。
(入会手続)
第7条
  • 本クラブへの入会は、所定の申込み手続を行い、本クラブの承認を得ることとします。
  • 会員は、申込み手続と同時に、別途定める月会費その他の費用を支払うものとします。
(会員資格の停止及び除名)
第8条 本クラブは、会員が以下定める各号の一つに該当すると認めた場合に、会員資格の一時停止または除名をすることができます。
  • 本クラブの定める会費・諸費用につき、3か月以上滞納したとき(なお、資格停止・除名以前に発生した会費・諸費用は全てお支払いいただきます)
  • 本クラブの施設を故意に毀損したとき
  • 本規約、その他弊社が定める規則に違反したとき
  • 本クラブの名誉・信用を毀損し、または秩序を乱したとき
  • 入会書類に虚偽の記載をしたことが判明したとき
  • 会員として品位を損なうと認められる行為があったとき
  • その他本クラブが社会通念に照らし、本クラブ会員としてふさわしくないと認めたとき
(会員資格の喪失)
第9条 会員は、退会・除名・死亡及び失踪宣告を受けたとき、その会員資格を失います。会員が会員資格を喪失した場合には、第12条に規定する会員証その他本クラブから貸与されている物品を速やかに返還するものとします。
(会員資格の譲渡の禁止)
第10条 会員資格は、これを譲渡することはできません。
(会員証)
第11条
  • 本クラブは、会員に対して会員証を発行いたします。会員が本クラブを利用する際には、会員証の提示若しくは本クラブが定める代替認証を行わなければなりません。
  • 会員証を紛失した際には、会員は直ちに本クラブに所定の手続により届出をしたうえ、会員証の再発行を受けるものとします。なお、会員は、別途定める再発行手数料を支払うものとします。
(変更)
第12条
  • 会員は、会員種類の変更を行う場合、登録内容に変更がある場合には、所定の変更届の提出により、手続を行うこととします。
  • 会員種類の変更受付は、毎月5日を締め切り日とし、受付月の翌月から会員種類を変更します。
(会費等の支払い)
第13条
  • 月会費その他諸費用は、弊社にて別途定める金額とします。
  • 会員は、別途本クラブが定める会費等を所定の方法で支払うものとします。なお、いったん納入した会費等は、本規約に定めのある場合のほかは、理由の如何を問わず返金いたしません。
(退会)
第14条
  • 退会は、所定の退会届の提出により行うものとします。但し、月の途中からの退会は認めません。
  • 退会の受付は、毎月5日を締め切り日とし、受付月の末日をもって退会するものとします。
  • 本クラブは、会員の休会を認めません。会員は、いったん退会の後、再度入会手続をとるものとします。

第3章 付則

(予約可能クラス数)
第15条 クラスの予約の締め切り日その他の予約手続については、別途本クラブが定める所定の方法によるものとします。
(予約可能クラス数)
第16条 会員種別毎の予約可能クラス数とは、月会費の範囲内で1か月に受講可能なクラス数の上限であり、当該月内におけるクラス受講総数が予約可能クラス数を下回った場合(当該月内に一度も受講しない場合も含みます)でも、会費の返金は行いません。
(講師の変更)
第17条 クラスの講師を変更する場合には、前日までに本クラブが指定する掲示板にその内容を掲示します。講師が変更になった場合でも、会費の返金は行いません。
(休講)
第18条 予定していたクラスが休講となった場合、当該クラス分の会費相当額は、翌月分の月会費と相殺することにより返金します。なお、会費相当額の単価は、会員種別毎の予約可能クラス数を上回り受講する場合の単価と同一とします。
(施設の利用)
第19条
  • 会員は、本クラブの施設を利用する際、別途利用料を定める施設については、その定められた利用料を支払うものとします。
  • 本クラブの施設等の利用に際し、故意又は過失により施設等を破損した場合には、修理代その他の損害を賠償するものとします。
(パーソナルコンピュータの使用)
第20条
  • パーソナルコンピュータ利用時の以下の事項に関して、本クラブは一切責任を負いません。
    (1)インターネット上の金銭に関するトラブル及び個人情報の漏洩
    (2)FDドライブ、CD/DVDドライブ等の記録メディア使用時のトラブルによるデータの損失
  • パーソナルコンピュータの使用にあたり、会員は、別途本クラブが定める利用手引きを遵守するものとします。
(講師の変更)
第21条 クラスの講師を変更する場合には、前日までに本クラブが指定する掲示板にその内容を掲示します。講師が変更になった場合でも、会費の一部返金は行いません。
(休講)
第22条 予定していたクラスが休講となった場合、当該クラス分の会費相当額は、翌月分の月会費と相殺することにより返金します。なお、会費相当額の単価は、会員種別毎の予約可能クラス数を上回り受講する場合の単価と同一とします。
(施設の利用)
第23条 会員は、本クラブの施設を利用する際、別途利用料を定める施設については、その定められた利用料を支払うものとします。
(パーソナルコンピュータの使用)
第24条 パーソナルコンピュータ利用時の以下の事項に関して、本クラブは一切責任を負いません。
  • インターネット上の金銭に関するトラブル及び個人情報の漏洩
  • FDドライブ、CD/DVDドライブ等の記録メディア使用時のトラブルによるデータの損失
(ビジターの利用)
第25条
  • 本クラブは、会員同伴の場合に限り、会員以外の方(以下、「同伴ビジター」といいます)の本クラブが定める範囲内での施設の利用を認めます。
  • 同伴ビジターは、本会員規約その他弊社の定める規則を遵守するものとします。
  • 同伴ビジター料金は、弊社が別途定めるものとします。
  • 会員は、同伴ビジターの本クラブの施設内の行為・支払い等一切の事由について連帯責任を負担するものとします。
(休業)
第26条 本クラブは、別紙に記載する日を定休日及び季節休業日とし、この休業日のほか、第22条に規定する場合その他本クラブの都合により休業する場合があります。なお、休業に関するお知らせは、原則として2週間前までに本クラブが指定する掲示板にその内容を掲示します。但し、施設安全管理面による緊急工事等、緊急の場合には、予め掲示することなく、一部または全部の施設を休業することができるものとします。
(施設の閉鎖・利用制限)
第27条 本クラブは、以下の事由に該当する場合、予告無しに施設の全部または一部を閉鎖、または利用制限する場合があります。
  • 天災その他の事由により開館が不可能と認められる場合
  • 改修・補修・点検等やむを得ない場合
  • 本クラブの主催する特別行事を開催する場合
  • 法令の制定・改廃・行政指導・社会情勢の変動等やむを得ない場合
  • その他、経営上必要と認められた場合
(免責事項)
第28条 本施設利用時に、本施設の維持・管理の不備ないし構造上の不備、施設利用に付随する業務執行における故意・過失により生じた事故以外の会員・同伴ビジターに生じた損害については、本クラブは一切損害賠償の責めを負わないものとします。
(細則)
第29条 本会員規約に定めていない事項、その他本クラブの運営上必要と認められる細則は弊社がこれを定めます。
(改正)
第30条 本会員規約の改定・変更等は、弊社の定めるところとし、その効力は全ての会員に及ぶものとします。
(管轄裁判所)
第31条 弊社と会員との間で紛争が生じた場合には、東京地方裁判所をもって専属的合意管轄裁判所とします。

入会案内

このページのトップへ